スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)

 14日午後10時ごろ、長野県松本市中山、無職、小野武一郎さん(67)が自宅1階和室で死亡しているのを県警松本署員が発見した。遺体の首にひものようなものが巻かれ、県警は殺人事件の可能性が高いとみて捜査している。

 松本署によると、小野さんは1人暮らし。同9時ごろ、近所の住民から交番に「夜になっても小野さんの家の明かりがつかず、電話もつながらない」と連絡があった。小野さんは普段着姿のままあおむけに倒れ死亡していたが、14日の日中は姿を近所の人が目撃していたという。同署は司法解剖し死因を調べる。【大島英吾】

共有ソフトPDで人気アニメを“一次放流”の男、逮捕(産経新聞)
宮城県警、廃品業者を家宅捜索=回収で高額請求、消費者庁も立ち入り(時事通信)
民主・小林議員が辞職表明(時事通信)
<新聞活用実践教室>小中高教諭ら70人参加(毎日新聞)
「無罪勝ち取り、出直したい」 前大阪・枚方市長、近く政治活動再開へ(産経新聞)

「天安門」学生指導者?中国大使館に侵入(読売新聞)

 4日午後2時30分頃、東京都港区元麻布の中国大使館で、男が柵を乗り越えて敷地内に侵入した。

 男は警戒中の警視庁機動隊員に取り押さえられ、麻布署に建造物侵入容疑で現行犯逮捕された。男は1989年6月4日に起きた天安門事件の学生指導者、ウアルカイシ氏(42)だと名乗っており、同庁で身元を確認している。

 同庁幹部によると、男は4日午後1時30分頃から、5、6人の仲間と同大使館前で、中国語で抗議活動を行っていたが、突然、機動隊員の制止を振り切って、柵を乗り越えたという。調べに対し、「弁護士が来るまで話さない」と供述しているという。

 ウアルカイシ氏は天安門事件後、海外に亡命し、政治評論家などとして活動している。

哨戒艦沈没対応で連携確認…日韓外相が電話会談(読売新聞)
「交代効果」で民主支持率上昇、自民に危機感(読売新聞)
コンビニ強盗殺人未遂 容疑の男逮捕 「似た男いる」と情報提供(産経新聞)
<菅首相>妻伸子さん「ご愁傷様かも」(毎日新聞)
都の漫画児童ポルノ規制条例 自公が修正案を提出へ(産経新聞)

<ローラー付き子供靴>「ご注意」 転倒・巻き添え事故相次ぐ(毎日新聞)

 かかとの底にローラーを装着した子供靴が流行しており、転倒事故などが相次いでいると、国民生活センターが26日発表した。滑走する子供を避けようとして負傷した巻き添え事故も起きており、保護者らに注意を呼びかけている。販売業者などによると、ローラー付きシューズは02〜03年に流行し、08年ごろから小学女児を中心に再ブームが起きた。つま先を上げると簡単に滑れるのが人気で、輸入販売業者も多いという。

 同センターによると、事故報告や相談は05〜08年度はゼロだったが、09年度は15件と急増し、今年度も既に5件あった。9歳女児が昨年5月、歩道のくぼみにローラーが挟まって転倒し左手首を骨折▽20代女性が今年1月、後ろから滑走してきた女児をよけようとして右腕を地面に打ち付けて骨折−−などの事例があったという。商品には「人通りの多い所では使用しない」などの注意書きがあるが、同センターは、より積極的な防止策を講じるよう事業者に求めた。【遠藤和行】

<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)
郵政法案で対立激化、亀井・原口氏の不信任検討(読売新聞)
<大阪HIV訴訟>原告の体調悪化 国が請求金の一部仮払い(毎日新聞)
一審の裁判員判決を破棄=被害者女性との示談考慮―東京高裁(時事通信)
「泥棒」と追いかけられ? 特急にはねられた男性死亡 (産経新聞)

<マルチ商法>「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索(毎日新聞)

 インターネット上の仮想空間をめぐるマルチ商法(連鎖販売取引)で、虚偽の説明をして会員を募った疑いがあるとして、埼玉県警は27日、IT会社「ビズインターナショナル」(さいたま市大宮区)と、関係先として仮想空間のシステム開発を持ち掛けた「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)など16カ所を特定商取引法違反(不実告知)容疑で家宅捜索した。会員勧誘の実態や、約2万8000人から集めたとされる約100億円の流れを解明する。

 捜査関係者や会員によると、ビズ社らは07年6月〜09年11月、ネット上の仮想空間「エクシングワールド」に都市を構築し、会員は「アバター」と呼ばれる分身となってネット上の土地の売買などができるとのふれこみで募集。説明会では「一般公開前に先住民(会員)になれば、土地取引や広告収入で必ずもうかる」などとうそを言って勧誘し、販促キットと呼ばれるDVDや架空の土地を購入させたという。

 計画では「エクシングワールド」は東京の渋谷区、品川区、大阪市など全国の主要都市の街並みをパソコンの画面上に三次元映像で再現。アバターが所有地やビルを売却したり、広告収入で通貨を増やせば、実際の「円」に換金できると宣伝していた。ところが、09年10月に公開された仮想空間は未完成で、東京・銀座や大阪・ミナミなどごく一部の都市のオープンにとどまった。さらに宣伝文句だった「ネット上の土地取引」の機能もなく、会員はアバターで限られた地域を歩くだけだった。

 ビズ社は05年12月設立。ビズ社の説明によると、フレパー社から仮想空間の計画を持ち掛けられ、07年6月に会員の募集を開始。同年7月に設立された別のIT業者(東京都港区)と開発の委託契約を結んだが、この業者はフレパー社の元社員が代表を務めている。【町田結子、飼手勇介、平川昌範】

【関連ニュース】
マルチ商法:「仮想空間」IT会社を家宅捜索へ 埼玉県警
マルチ商法:仮想空間巡り提訴へ 会員「違法勧誘された」
中国:男が刃物で園児ら襲い31人負傷 4人死亡か 江蘇
特定商取引法違反:「仮想空間マルチ」家宅捜索 きょう数十カ所、容疑で−−埼玉県警
中国:幼稚園に刃物の男、園児4人殺害の情報 31人負傷

仕分け第2弾終了、37事業「廃止」求める(読売新聞)
<大雨>午後、峠越す 西日本各地で土砂崩れ (毎日新聞)
<将棋>羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)
昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
<口蹄疫>感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に(毎日新聞)

<沖縄>本土復帰38年 今も米軍施設74%が集中(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場の移設問題に揺れる沖縄県は15日、本土復帰38年を迎えた。沖縄戦と米軍の占領統治を経て、復帰した現在も沖縄には全国の米軍専用施設の74%が集中している。15日は「平和行進」の参加者たちが午後から普天間飛行場のある宜野湾市で大会を開く予定だ。

 沖縄には約2万3000ヘクタールの基地が存在し、沖縄本島では全面積の約2割を占める。復帰から09年末までの米軍人らによる犯罪検挙件数は5634件。米軍の訓練による原野火災や飛行機の燃料漏れなどの事故は1493件起きた。交通事故も含めると、米軍絡みの事件・事故は1カ月間に22件も発生していることになる。

 鳩山由紀夫首相が一時「最低でも県外」とした普天間移設問題は、政府が「県内移設」の動きを加速させており、沖縄の人々に怒りや不公平感を与えている。

 約9万人が集まった4月25日の県民大会で、仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事は「戦争の痕跡はほとんどなくなったが、米軍基地だけは変わりなくある。日本全国で見れば不公平で、差別に近い」と述べ、沖縄の過重負担を軽減するよう訴えた。【井本義親】

【関連ニュース】
沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席
在日米陸軍:司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答
普天間:官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」
普天間移設:「改めて県外」沖縄知事、鳩山首相に要求
普天間移設:平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問

<口蹄疫>殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認(毎日新聞)
H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
<普天間移設>平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ(毎日新聞)
レジ袋6557万枚を削減! 九州7県、今年度もキャンペーン (産経新聞)
旭山動物園、入園者増へ市長自ら“なにわ作戦”(産経新聞)

“カツマー”賛否…産む幸せ、産まない選択(産経新聞)

 大型連休のさなか、3歳年上の姉(30)一家と旅行を楽しみ、2歳になるおいと数日間一緒に過ごした。姉の子育てを目の当たりにして「やっぱり育児は大変」と実感したが、すっかり母の顔になった姉は本当に幸せそうで、うらやましくも思った。

 以前「女性は子育てで成長できる」という“カツマー”こと勝間和代氏の持論を紹介したところ、賛否両論、たくさんの反響をいただいた。

 《子供は作らない、出産はしないと決めて結婚しました》とは、39歳の既婚女性。《愛する人と二人きりで自由に暮らすほうがいい》。女性は、自身の選択に対して他人から非難を受けたこともあったというが、行間からは、恋人同士の延長のようなご主人との円満ぶりも伝わってきた。

 一方、結婚12年目のときに特別養子縁組で娘を受け入れ、念願の母になったという高知県の女性(59)は《娘にはどれだけ感謝しても足りない》とつづり、《産めるのに産まない女性はもったいない》と記していた。

 「産んでよかった」という声は多数いただいたが、中でも印象に残ったのは《私は生まれ変わっても出産したい。今、となりに横にいる子供たちにまた会いたい》という28歳の女性の言葉。お子さんへの優しいまなざしが目に浮かび、温かい気持ちになる。

 ただ、現実問題として、子育てにはさまざまな苦労も避けられない。

 6歳半の双子のお子さんに広汎(こうはん)性発達障害と自閉症があるという海外在住の40代の女性は《身勝手かもしれないが、なぜ子供なんかほしいと思ったんだろう》と、苦しい心情を吐露する。子供への愛情の裏側にある思いなのだろうが、日々の生活に対する切実さが伝わる。

 さまざまな意見をいただく中で、「なぜ産むか」の背景には、違いがあると感じた。愛の結晶として、親に孫の顔を見せたい、心からいつくしむ対象がほしい…。恋人すらいない筆者にとってはまだ現実感はないが、それぞれのお母さん方の深い思いが、文面から伝わる。(奈)

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06−6633−1940 郵送 〒556−8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
子育て女性、再就職は「生活のため」 かながわ女性センター調査
「おむつなし」で育児に自信 排泄サインで通じる気持ち
「母になるための環境」日本は32位
0〜5歳児の子育てリーフレットを作成 東京都世田谷区
藤森夕子、ママ向け補正下着をプロデュース
少子化を止めろ!

普天間問題 首相「徳之島」固執の根拠 防衛利用で覚書 返還時(産経新聞)
訴訟合戦泥沼化?脱税疑惑を指摘された眞鍋かをりさんは…(産経新聞)
<寂光院>放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)
<測量船追跡問題>岡田外相 駐日中国大使を呼び抗議(毎日新聞)
中韓、日本近海で行動活発化 鈍い官邸につけ込む(産経新聞)

校長ら2人に略式命令 東京・杉並の小6天窓転落死(産経新聞)

 東京都杉並区立杉並第十小学校で平成20年6月、授業終了後に6年生の中村京誠(きよまさ)君=当時(12)=が屋上の天窓から転落死した事故で、東京区検に業務上過失致死罪で略式起訴されていた男性校長と授業を担当した女性教諭について、東京簡裁はそれぞれ罰金20万円の略式命令を出した。命令は9日付。

【関連記事】
川端文科相「小学校の管理体制に不備」 鹿児島の小3男児転落事故 
校舎屋上の天窓から落ち小3けが 鹿児島・霧島
校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死
「早く逃げろ!」階段に殺到、窓から飛び降り… 高円寺ビル火災 
姫路のスーパーの天窓割れ男児が落下、重傷
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
もう手放せない! 男性にも広がるストール人気(産経新聞)
うつ病チェック、健診で…来年度から実施へ(読売新聞)
<伊香保温泉>石段を70メートル延伸 「石段街」、県道からくっきり(毎日新聞)
舛添氏、大阪特区構想を掲げる「道州制を目指したい」(産経新聞)

総人口、過去最大の減少=女性は初の自然減−総務省推計(時事通信)

 総務省は16日、昨年10月1日現在の年齢別・都道府県別推計人口を発表した。在日外国人を含む総人口は前年比0.14%(18万3000人)減の1億2751万人。2年連続の減少で、減少率・数ともに比較可能な1950年以降で最大だった。女性は、出生児数が死亡者数を5000人下回り、同年以降で初めて「自然減少」を記録した。男性は5年連続の自然減。
 また、外国人は入国者数が出国者数を4万7000人下回り、15年ぶりの「社会減少」となった。減少数は過去最大。同省は「リーマン・ショック後の雇用情勢の悪化で、本国に帰国した外国人が多かったのではないか」とみている。 

「市議は楽な商売」阿久根市長が市広報紙で(読売新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)
「法廷で真実話して」…歩道橋事故強制起訴(読売新聞)
直嶋経産相、衆院選マニフェスト修正に含み(産経新聞)
<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)

<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)

 【ワシントン野口武則】鳩山由紀夫首相は13日、ワシントンでフランスのサルコジ大統領と会談した。

 鳩山首相は、日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の締結に向け共同研究を始めることを提案。「(締結に向け障害となる)非関税障壁などはしっかり破っていく、解決していくというのが新政権の信条だ」と述べた。

 これに対し、サルコジ大統領は「よい案だ。日本の企業の能力や革新性を称賛している」と応じた。

 また、サルコジ大統領は日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りについて「強く支持している」と表明。さらに「第二次世界大戦直後の状況を反映した現在の体制は意味がない」と語った。

【関連ニュース】
EPA看護師:国家試験に3人が合格 狭き門に批判も
アジア・ビジネス・サミット:鳩山首相が経団連初訪問 政と財、ジリジリ接近
EPA:派遣の看護師候補らに面接 インドネシアで
EPA:初の看護師 国家試験に3人合格
EPA:来日研修生、看護師に 254人中3人…超難関、日本語が壁

民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」(産経新聞)
<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ (産経新聞)
沖縄の離島広がる入島税、環境保全など目的(読売新聞)
ひったくり許すな! ワースト1の足立で“実演”(産経新聞)

<野口聡一飛行士>宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)

 今週に入って、オーロラ活動が活発になり、激しく動く色鮮やかな光のカーテンが宇宙と地上で相次いで撮影された。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 オーロラは太陽から飛んでくる粒子が地球の大気と衝突、北極や南極の上空100〜400キロで発生する。

 そこを横切るように350キロを周回する国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が撮影し、6日未明、自身の簡易ブログ「ツイッター」(http://twitpic.com/1dfw9y)に掲載した。ISSの太陽電池パネルの後ろに赤や緑の光の帯が輝く。「時速2万8000キロでオーロラのそばを通過した」と英語で書き込んだ。

 また、同時期に米アラスカ州でも空全体を覆うオーロラが観測された。その様子をインターネットで生中継しているベンチャー企業「遊造」(東京都三鷹市)の古賀祐三代表(39)は「ここ数年で一番鮮やかだ」と話す。

 情報通信研究機構によると、太陽活動の影響で地球の磁気が通常の状態と異なる現象「磁気嵐」が発生し、オーロラが活発化したという。【西川拓】

【関連ニュース】
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
【写真特集】エンデバー:国際宇宙ステーションとドッキング
【山崎さんには夫の支えが】読む:『主夫の花道』=山下俊樹・著
【写真付き】山崎直子飛行士:ISSが日本海上空を通過

広島女児殺害 差し戻し控訴審始まる(産経新聞)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
<舛添前厚労相>与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず(毎日新聞)
<収賄>家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円(毎日新聞)
政府・民主首脳会議、参院選・会期延長テーマに(読売新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
借金整理
情報起業
情報商材
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    AtoZ (08/30)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    リア充 (05/12)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    リンデル (01/14)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    桃医 (01/08)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    タンやオ (12/29)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/07)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • <変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
    機関棒 (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM